ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

ホルモン剤を服用すると必ず副作用が起こるってホント? - ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

新着情報

◆2016/08/26
ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?の情報を更新しました。
◆2016/08/26
ホルモンバランスと食事の密接な関係の情報を更新しました。
◆2016/08/26
ホルモンバランスの偏りを無くす方法の情報を更新しました。
◆2016/08/18
企業情報を新規投稿しました。
◆2016/08/18
食品添加物摂取でホルモンバランスは崩れるの?の情報を更新しました。

ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

yjtddk
薬には様々な効果があり、私たちの生活の中でも助けてくれるものは多いと思います。
バランスよく過ごすという事がとても大事と言われており、多くても少なくても何かしら体調を壊してしまうケースもあります。
その中でもホルモンバランスも安定させるのが良いと言われているのですが、ホルモン剤を使っている人も多いと思います。
しかし、ホルモン剤を使っていく上で、副作用は必ず出てしまうものなのでしょうか?

【ホルモンバランスについて】

人には全てホルモンが分泌されるような体の働きがあります。
しかし、その分泌が多くても少なくても良いとはいえません。
常に安定した分泌量が良いとされているのですが、生活習慣の中で崩れてしまう人も多くいます。

【どうしてホルモンバランスが崩れるの?】

人には様々な生活習慣があり違ったライフスタイルで生きています。
しかし人にはこのような生活が良いとされている基本というものがあるのですが、生活していく上でどんどんそれがずれてしまう事になるのです。
例えば細胞の再生が行われる時間帯は夜の10時から夜中の2時までといわれています。
この時間帯にしっかりと睡眠を取る事で肌は再生されるとされています。
しかし、この時間帯に寝ないという事になればそれはどうなるでしょうか?
肌の細胞を妨げるという事になるので、そこから酸素と血液の供給にも問題が出てきます。
そうなればもちろんホルモンバランスも悪くなってしまうのです。

【良い生活習慣とは?】

夜の10時から夜中の2時に睡眠を取っておけばそれだけで良い生活習慣になる!というわけではありません。
睡眠も良い質にする事が大事になってきます。
その中でも食べ物や飲み物などはかなりダイレクトに響くと言われています。
口の中に入るものは体内で分解されそれが栄養となり体を作りあげ健康を保ち、必要のないものは排出されるというサークルになっています。
しかし糖分や塩分を摂りすぎていたり、保存料や添加物がたっぷり含まれている食事を取っているとどうなるでしょうか?
それは内臓の働きを悪くするという事になってしまい、内臓を疲れさせてしまうと睡眠の質にも関わってくる問題になるのです。
良質の睡眠が取れなければここからホルモンバランスが悪くなってしまうのです。

【ホルモンのバランスが悪い時の症状】

ホルモンバランスが悪くなってしまうと倦怠感や頭痛、やる気が出ないという症状が出てきます。
また、抜け毛が増えたり、女性の場合でしたら生理不順や不妊の原因にもなってしまいます。
不妊に関しては決して女性だけの問題でなく男性の精子にも関わってくる問題です。
ホルモンのバランスが壊れたからといって大きな病気になるわけはない!と言う人もいるかもしれません。
しかし、小さな症状から大きな病気を招く可能性もない!とは言い切れません。
ですのでホルモンのバランスについては余りに軽視し過ぎないようにしないといけないのです。

【ホルモン剤と副作用について】

ホルモンバランスが崩れた時などにはまずホルモン剤を摂取や投与なの方法があります。
そして多くの人が摂る場合に心配するのは副作用についてなのです。
ホルモン剤を摂る事で気だるい感じになってしまったり、頭痛が起こってしまう人などもいます。
しかし、全く何も感じないという人も中には居る事を忘れないようにしましょう。
人はそれぞれの感覚を持っているので、感じると思う人もいれば、何も感じないと思う人がいます。
そして、それには間違いや正解はなく、全ての個々の感覚が正しいと言えるのです。

【自己判断しましょう】

ホルモン剤を摂取したからといって、絶対に副作用がある!と決めつけて避けるのはあまりよくないかもしれませんね。
しかし全くない!とも言い切れないのが今の現状なのではないでしょうか?
その為にも自分の判断が大事になってくるのでしょう。

Copyright(C)2016 ホルモン剤の副作用は必ずあるもの? All Rights Reserved.