ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

ホルモン剤を服用すると必ず副作用が起こるってホント? - ホルモンバランスと食事の密接な関係

ホルモンバランスと食事の密接な関係

人は出来るだけ健康で生きたいと思っているものですが、何が起こるか分りません。
しかし、不健康な食生活がホルモンバランスを壊してしまう事もあります。
ホルモンが崩れてしまうとどのような症状が起こってしまうのでしょうか?
また、その改善方法などはあるのでしょうか?

【ホルモンと食生活の関係】

人は食べたいものを食べるという生活を送る事が多く、何か深刻な事が起こらない限りはあまり食生活というものには気を使わない事が多いのです。
お肉が好きな人は毎日お肉を食べ、あまり野菜を食べるという事をしません。
また野菜は好きだけど簡単に作れるサラダばかりを食べてしまうという人も多くこちらもバランスが偏ってしまいます。
また一人暮らしの人に多いのが、料理をしないのでカップラーメンなどお湯で出来る食事がメインになっている人もいます。
そして食事は要らないけれどもお菓子は食べるという人などもいるのです。
このような食事を続けていると栄養が偏ってしまうと思いませんか?
この偏りからホルモンバランスも崩れてしまうという事を覚えておく必要があるのです。

【食生活を見直そう】

過去1週間の自分が食べた食事の表を立ててみてみましょう。
好きなものばかりを偏って食べていると思いませんか?
この偏りがどんどん蓄積されていくとホルモンのバランスにも響いてきます。
お菓子は栄養価が低く添加物が多いので出来るだけ控えるようにして、お肉や野菜をバランスよく食べるようにしましょう。
また、お肉を魚に変えてみたり、栄養価の高い緑黄色野菜を食べるような献立にするといいと思います。
なので、栄養がバランスよく取れるような食生活を心掛ける事が大事になってきます。

【健康をキープ!】

このようにホルモンバランスと食事のダイレクトな密接な関係が分かりましたね。
これからは、健康で居続ける為にもバランスの取れた食事に気を使うようにしてみましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 ホルモン剤の副作用は必ずあるもの? All Rights Reserved.