ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

ホルモン剤を服用すると必ず副作用が起こるってホント? - 女性の不妊とホルモン治療

女性の不妊とホルモン治療

不妊で悩んでいる女性は年々増えていると言われている日本ですが、治療の一つにホルモン治療というものがあります。
これを続ける事で本当に不妊は回避出来るのでしょうか?
そしてそこで起こる副作用の心配は要らないのでしょうか?

【女性が抱える深刻な問題】

働く女性が増え、結婚する年齢が遅くなったと言われている日本女性ですが、昔に比べると確かに結婚する年齢は変わったようです。
しかし働くという事で、様々なリスクを背負う事になっているもの現実なのです。
その中でもやはり仕事を続けたいけれども結婚をすれば辞めなければいけないのか?
仕事も続けながら家事もしたいなど女性には色々な思いがあります。
そして結果、知らないうちに女性はたくさんのやるべきことを抱えなければいけないという現状になってしまい負担が増えるのです。
そうしていくうちに不妊症になってしまう女性が増えてしまっているのです。

【不妊症とホルモン治療】

ホルモン治療は毎日病院へ通うというわけではないので月に何度か病院へ足を運ぶという程度です。
これはホルモン剤を投与するという治療になるのですが、副作用もあるようです。
ホルモン剤を打つことで情緒不安定になってしまったり、太りやすくなるという例があります。
もちろん全ての女性がこのような副作用が出るというわけではないのですが、一部の女性にはこのような副作用は出ます。
しかしこれを続ける事で不妊から解放する事が出来て妊娠出来たという嬉しい声もあります。
その反面、何年も続けているけれどもなかなか妊娠出来ないという声もあります。

【ホルモン治療で希望を持つ】

このように不妊だった女性がホルモン治療を受けて妊娠出来たという例もあります。
そして治療を受ける中で副作用も出る女性もゼロではありません。
しかし続けてみると何か結果が出るかもしれない!という希望を持てる治療である事が分かりますね。

関連する記事

Copyright(C)2016 ホルモン剤の副作用は必ずあるもの? All Rights Reserved.