ホルモン剤の副作用は必ずあるもの?

ホルモン剤を服用すると必ず副作用が起こるってホント? - ストレスとホルモン分泌の深い関係

ストレスとホルモン分泌の深い関係

生活をしている上で知らず知らずにストレスを抱えてしまっている人がいます。
そのストレスはいつの間にか体内へ浸透していき、抜け毛などの症状で表れる事もあります。
これにはホルモンの分泌との関係があるようなのですが、どういう事なのでしょうか?

【溜まりゆくストレス】

ストレスが溜まってしまうと、人はイライラしたり怒りっぽくなったりと感情のコントロールがしにくくなると言われています。
そこまで大した事ではないのに、子どもに怒りをぶつけてしまったり、部下にキツく当たってしまうという事もあります。
どうしてあんな風な対応をしてしまったのか?と悩んでしまう人も多いと思いますが、これはストレスに関係があるのです。
ストレスは目には見ませんが、感情として表れる事がこのようにあります。
そしてそれが悪化していくと次には症状として出る事もあります。
例えば抜け毛ですが、これもストレスからくると言われています。
特に前頭葉の部分では脳がストレスをダイレクトに受け取る部分でもあるのでその辺りから薄毛になってしまう傾向があります。

【ホルモン分泌の関係】

薄毛になってしまったり、抜け毛が増えてしまうのはなんだか歳を取ったというイメージですよね。
しかし、全ての人が歳を取ったからといって「毛」に表れるという事ではありません。
歳を取っていても毛はフサフサ生えている人もいれば、若いうちから抜け毛に困っている人もいます。
という事は、人が抱えているストレスの問題であったり、その人のホルモンの分泌に目を向けるべきなのです。
ストレスのせいでホルモン分泌に問題が出てしまうのであれば、ストレスの無い生活をすればいいという事です。
しかしストレスの無い生活なんてあるようには思えませんよね?
という事は、自らの考え方を変えていくという方法が効率良いのです。

【考え方をシフトしよう】

ストレスを与えられそうな場面に遭遇した時に、解釈を変えていくという事でストレスに感じない生活が出来る可能性があります。
これを実現する事が出来ればホルモン分泌の正常な状態でいられるのではないでしょうか?

関連する記事

Copyright(C)2016 ホルモン剤の副作用は必ずあるもの? All Rights Reserved.